【朝日杯FS/データ攻略-前編】有力馬2頭を後押しする「馬券内率60%超」の追い風

今週は阪神競馬場で朝日杯フューチュリティS(芝1600m)が行われる。

ともに無敗で重賞を制したジオグリフvsセリフォスの2強ムードが漂う今年。キャリアの浅い2歳馬をどの角度から紐解くべきか。この記事では2014年以降のデータから朝日杯フューチュリティSに対してアプローチを行い、攻略への糸口を見つけていきたい。

この記事ではデータ面から朝日杯フューチュリティSを紐解き、攻略への糸口を見つけていきたい。

◆【朝日杯フューチュリティステークス2021予想/危険な人気馬-前編】無敗馬の一角は“消し” 2歳マイル王決定戦で「買うべきではない」1頭とは

【朝日杯FS/危険な人気馬-前編】無敗馬の一角は“消し” 2歳マイル王決定戦で「買うべきではない」1頭とは

■ジオグリフに「馬券内率64.3%」データ

新馬戦→札幌2歳Sと無傷の連勝。大物感を漂わせる圧巻のパフォーマンスを披露し続けているのがジオグリフだ。今回は未知のマイル戦に加えて自身初となる関西圏への輸送競馬。浮かび上がる課題をクリアするためのポイントは「人」の部分にある。

・芝1600mのGI×サンデーレーシング×C.ルメール【7-1-1-5】

馬券内率は64.3%。グランアレグリア以外にもメジャーエンブレム、シュネルマイスターと不確定な要素が多い2、3歳馬をあっさり勝たせてしまう手腕には脱帽するほかない。そしてその鞍上がまとう勝負服がサンデーレーシングのものであれば鬼に金棒。先週のステルナティーアは敗戦を喫してしまったが、リベンジを果たすにはうってつけの舞台と言えよう。

◆【朝日杯フューチュリティステークス2021予想/追い切りジャッジ】2強の一角に「B」の辛口評価 調整順調も「目の前の走りに真面目過ぎる」

【朝日杯FS/追い切りジャッジ】2強の一角に「B」の辛口評価 調整順調も「目の前の走りに真面目過ぎる」

■セリフォスには「馬券内率75.0%」の後押しあり

そのジオグリフと双璧をなすのがセリフォスだ。デビュー以降、無傷の3連勝で勇躍GIの舞台へ。阪神芝1600mを経験している点は大きなアドバンテージと言えるが、それ以上に注目したいのがこちらのデータ。

・急坂芝1600mで2勝以上【3-1-2-2】

こちらは馬券内率75.0%。2歳戦において急坂マイルでの経験値があるに越したことはないのだろう。メンバー中ナンバーワンといって差し支えない完成度の高さがこの馬最大の武器。上記データを満たした同じダイワメジャー産駒のアドマイヤマーズのように、無敗で2歳シーズンを終える可能性は十分だ。

後編ではデータ面から浮上する朝日杯フューチュリティSの穴馬候補2頭を紹介する。

◆【朝日杯フューチュリティステークス2021予想/データ攻略-後編】変わり身が期待できる前走惜敗馬 当舞台で輝く名手を背にGI獲りへ

【朝日杯FS/データ攻略-後編】変わり身が期待できる前走惜敗馬 当舞台で輝く名手を背にGI獲りへ

▼その他データ予想
◆【騎手データ】人気馬騎乗のルメールは不振、狙いは「勝率50%」を誇る名手

【朝日杯FS/騎手データ】人気馬騎乗のルメールは不振、狙いは「勝率50%」を誇る名手

◆【出走馬考察】2歳マイル王の座を目論む有力馬の戦力がまるわかり 実績上位のセリフォスの評価は

【朝日杯FS/出走馬考察】2歳マイル王の座を目論む有力馬の戦力がまるわかり 実績上位のセリフォスの評価は

朝日杯フューチュリティステークス2021予想コラム一覧

▼追い切り予想
◆【S評価】最高評価「S」は進境著しい実績馬 「阪神マイルなら勝ち負け必須」

◆【A評価】ジオグリフを上回る「A」評価 上積み大で「ハマれば突き抜けるシーンも」

◆【A評価】「厩舎流ハード攻め×馬具改善」で上昇気配漂う穴馬に高評価「A」

◆【B評価】2強の一角に「B」の辛口評価 調整順調も「目の前の走りに真面目過ぎる」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズ-前編】セリフォスは「△」評価、無敗馬から選ぶ“軸”の条件

◆【穴馬アナライズ-後編Vol.1】単勝“20倍以上”の伏兵 レース巧者が波乱演出の可能性

◆【穴馬アナライズ-後編Vol.2】前売り“10人気”前後の盲点 この戦績なら「買いの一手」

◆【穴馬アナライズ-後編Vol.3】「ウマ娘」オーナー・ドーブネ 潜在能力の高さで上位争い

◆【危険な人気馬-前編】無敗馬の一角は“消し” 2歳マイル王決定戦で「買うべきではない」1頭とは

◆【危険な人気馬-後編】親子同一GI制覇を目論む、競馬センス抜群の伏兵馬を本命視

▼その他データ傾向
◆【枠順】ジオグリフは「連対率0%」の7枠、最多3勝の良枠には人気薄の先行馬が入る

◆【血統傾向】13年連続馬券内、強力データが後押しする穴馬に“一発”を期待

◆【脚質傾向】押さえるべきは先行と差し、波乱の使者となるのは…

◆【前走ローテ】人気の“無敗馬”に連対率0%データ 前走内容の「絶対条件」とは

◆【人気傾向】昨年は7番人気が優勝も、注意すべき「1番人気」に共通する好走条件

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「朝日杯FS編」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家

競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします