【朝日杯FS/出走馬考察】2歳マイル王の座を目論む有力馬の戦力がまるわかり 実績上位のセリフォスの評価は

今週は阪神競馬場で第73回・朝日杯フューチュリティS(GI、芝1600m)が行われる。

前走札幌2歳Sを快勝したジオグリフ、すでに重賞2勝と世代上位の実績を持つセリフォス、萩Sで素質馬キラーアビリティを下したダノンスコーピオンらが出走予定だ。

ここでは朝日杯フューチュリティSに駒を進めてきた有力馬6頭を分析し、予想のヒントとなる各馬の特徴を数値化しグラフで比較する。

算出方法は以下の通り。

・スピード→デビュー以降の走破時計と上がり3Fのタイム平均値を他馬と比較し数値化
・スタミナ→デビュー以降のラップタイムを前後半に分け、タイム差を基にレースのタフさを他馬と比較し数値化
・騎手→阪神芝1600mで開催されたGIの騎手成績を基に数値化
・血統→→阪神芝1600mで開催されたGIの血統成績を基に数値化
・適性→直近10年の阪神ジュベナイルFにおける走破時計とラップタイムの平均値を有力馬の戦歴(レースラップタイム)と比較し数値化

◆【朝日杯フューチュリティステークス2021予想/追い切りジャッジ】最高評価「S」は進境著しい実績馬 「阪神マイルなら勝ち負け必須」

【朝日杯FS/追い切りジャッジ】最高評価「S」は進境著しい実績馬 「阪神マイルなら勝ち負け必須」

■最高評価はジオグリフ

ジオグリフ

牡 (美)木村哲也
父:ドレフォン 母:アロマティコ(キングカメハメハ)

・スピード「4」
・スタミナ「5」
・適性「4」
・騎手「5」
・血統「4」

特徴:前走の札幌2歳Sでは最後方から追走、3コーナーを過ぎに加速しながら3番手まで押し上げる。直線では36秒1の持続性のある末脚で突き抜けて4馬身差の圧勝となった。父ドレフォンは未知数な部分もあったが「スピード」「気性」「競馬センス」の全てにおいてハイレベルにあり、現2歳世代では能力最上位だろう。
評価:★★★★★

ダノンスコーピオン

牡 (栗)安田隆行
父:ロードカナロア 母:レキシールー

・スピード「4」
・スタミナ「5」
・適性「4」
・騎手「3」
・血統「5」

特徴:前走の萩Sではキラーアビリティとの素質馬対決となったが、先に抜け出していたキラーアビリティを目標に一気に加速。上がり最速となる33秒5の末脚でクビ差差し切り勝利した。パドックでは少しトモの甘さが見えたもののレースではそれを微塵も感じさせない力強い脚力を披露。初重賞となるここでも好走可能だろう。
評価:★★★★★

セリフォス

牡 (栗)中内田充正
父:ダイワメジャー 母:シーフロント(Le Havre)

・スピード「5」
・スタミナ「3」
・適性「4」
・騎手「3」
・血統「4」

特徴:前走のデイリー杯2歳Sでは後方から競馬を進めたが、直線を迎えると大外から一気に加速し、先に抜け出していたソネットフレーズ、スタニングローズらを交わし2つ目の重賞のタイトルを手に入れた。内伸び馬場のトラックバイアスを加味しても内容は非常に優秀。ダイワメジャー産駒のアドマイヤマーズを彷彿とさせるような馬体、走法をしており今後もマイル路線で長く活躍してきそうな一頭。一方でスイッチが入りやすい気性のため、冷静に競馬を進められるかがポイントとなりそうだ。
評価:★★★★☆

プルパレイ

牡 (栗)須貝尚介
父:イスラボニータ 母:マイジェン(Fusaichi Pegasus)

・スピード「5」
・スタミナ「2」
・適性「5」
・騎手「4」
・血統「3」

特徴:前走のデイリー杯2歳Sでは逃げの手を打つも4着に敗れた。戦歴が示す通り、すべてのレースで「4角1番手」のポジションを確保できる競馬センスを持っており、またデビュー以来、馬体重の増減が「±2kg」をキープしており、厩舎流のハードトレーニングを課されても食の部分で自ら体重を管理できるような「大人びたメンタル」を持っているのだろう。そのメンタルが活きる形となれば圏内突入が見えてくるだろう。
評価:★★★★☆

ドウデュース

牡 (栗)友道康夫
父:ハーツクライ 母:ダストアンドダイヤモンズ

・スピード「3」
・スタミナ「5」
・適性「4」
・騎手「3」
・血統「3」

特徴:前走アイビーSではグランシエロ、アスクビクターモアら素質馬との対決となったが、道中は逃げ馬を見る形の3番手で競馬を進め、直線では34秒0の持続性のある末脚を繰り出し、後方から迫るグランシエロを抑えて勝利した。ハーツクライ産駒のなかでは完成度が早いタイプの一頭なだけにここでの好走も可。
評価:★★★☆☆

オタルエバー※特注馬

牡 (栗)中竹和也
父:リオンディーズ 母:ルージュクール

・スピード「5」
・スタミナ「3」
・適性「5」
・騎手「4」
・血統「4」

特徴:前走秋明菊賞では逃げて2馬身差の快勝だった。ウォーターナビレラ(阪神JF3着)と比較しても遜色のない競馬センスの持ち主で、これまで戦ってきた相手も強敵が揃っていた。特に前々走の1勝クラスではキミワクイーン(阪神JF10着)にクビ差で敗れてしまったものの、3着馬のコムストックロードは先週のつわぶき賞を勝利。実力をつけた今なら新潟2歳Sのリベンジに期待が持てそうだ。
評価:★★★★★

▼その他データ予想
◆【騎手データ】人気馬騎乗のルメールは不振、狙いは「勝率50%」を誇る名手

【朝日杯FS/騎手データ】人気馬騎乗のルメールは不振、狙いは「勝率50%」を誇る名手

◆【データ攻略-前編】有力馬2頭を後押しする「馬券内率60%超」の追い風

【朝日杯FS/データ攻略-前編】有力馬2頭を後押しする「馬券内率60%超」の追い風

◆【データ攻略-後編】変わり身が期待できる前走惜敗馬 当舞台で輝く名手を背にGI獲りへ

【朝日杯FS/データ攻略-後編】変わり身が期待できる前走惜敗馬 当舞台で輝く名手を背にGI獲りへ

朝日杯フューチュリティステークス2021予想コラム一覧

▼追い切り予想
◆【S評価】最高評価「S」は進境著しい実績馬 「阪神マイルなら勝ち負け必須」

◆【A評価】ジオグリフを上回る「A」評価 上積み大で「ハマれば突き抜けるシーンも」

◆【A評価】「厩舎流ハード攻め×馬具改善」で上昇気配漂う穴馬に高評価「A」

◆【B評価】2強の一角に「B」の辛口評価 調整順調も「目の前の走りに真面目過ぎる」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズ-前編】セリフォスは「△」評価、無敗馬から選ぶ“軸”の条件

◆【穴馬アナライズ-後編Vol.1】単勝“20倍以上”の伏兵 レース巧者が波乱演出の可能性

◆【穴馬アナライズ-後編Vol.2】前売り“10人気”前後の盲点 この戦績なら「買いの一手」

◆【穴馬アナライズ-後編Vol.3】「ウマ娘」オーナー・ドーブネ 潜在能力の高さで上位争い

◆【危険な人気馬-前編】無敗馬の一角は“消し” 2歳マイル王決定戦で「買うべきではない」1頭とは

◆【危険な人気馬-後編】親子同一GI制覇を目論む、競馬センス抜群の伏兵馬を本命視

▼その他データ傾向
◆【枠順】ジオグリフは「連対率0%」の7枠、最多3勝の良枠には人気薄の先行馬が入る

◆【血統傾向】13年連続馬券内、強力データが後押しする穴馬に“一発”を期待

◆【脚質傾向】押さえるべきは先行と差し、波乱の使者となるのは…

◆【前走ローテ】人気の“無敗馬”に連対率0%データ 前走内容の「絶対条件」とは

◆【人気傾向】昨年は7番人気が優勝も、注意すべき「1番人気」に共通する好走条件

文・西舘洸希(SPREAD編集部)


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします