【朝日杯FS/血統傾向】13年連続馬券内、強力データが後押しする穴馬に“一発”を期待

2歳のマイル王を決める朝日杯フューチュリティS(GI、芝1600m)が19日、阪神競馬場で行われる。

新潟2歳S、デイリー杯2歳Sとマイル重賞連勝中のセリフォス、前走札幌2歳Sを上がり最速で制し、今回マイル初挑戦のジオグリフ、前走萩Sを上がり最速で制したダノンスコーピオン、朝日杯フューチュリティS初勝利を目指す武豊騎手とのコンビで、新馬、アイビーSと連勝中のドウデュースなどが出走する。

先週行われた阪神ジュベナイルFと違い、牡馬戦線は、クラシック志向の有力馬が2000mのホープフルSを選択し、朝日杯フューチュリティSには、マイル路線の有力馬が出走してくる傾向にある。2017年にホープフルSがGIに格上げされ、よりこの傾向が強くなっており、こういった背景を踏まえ、「血統傾向」を分析していく。

◆【朝日杯フューチュリティステークス2021予想/追い切りジャッジ】最高評価「S」は進境著しい実績馬 「阪神マイルなら勝ち負け必須」

【朝日杯FS/追い切りジャッジ】最高評価「S」は進境著しい実績馬 「阪神マイルなら勝ち負け必須」

■スピードとパワーを兼備するDanehillの血

阪神芝1600mは、前週に直線の下りで加速できるスピードに加え、ゴール前の急坂をこなすパワーも備えた総合力を問われる舞台設定だ。今年は、京都の改修工事の影響により11週目の使い込まれた馬場で、よりパワーを求められる馬場状態である。

過去5年の朝日杯フューチュリティSの種牡馬成績は以下の通り。

ディープインパクト産駒は【2-0-2-4】勝率25%、複勝率50%、単勝回収値206、複勝回収値92とハイアベレージを残している。勝利した2頭はサトノアレスとダノンプレミアムで両馬とも母系にDanehillを内包していた。

Danehillは芝短距離路線においてレベルが高いオーストラリアでリーディングサイアーを9度獲得した名種牡馬だ。母系からこの短距離志向のスピードとパワーを継いでいることが、マイル戦で好走できるポイントの一つ。

また、Danehillの血は体格がよく、サトノアレスは500キロ、ダノンプレミアムは490キロと馬格があった。上記のディープインパクト産駒の成績に馬体重が480キロ以上というフィルターをかけると【2-0-1-0】と全て馬券内に来ている。

今年該当する馬は、エイシンヒカリ産駒のカジュフェイスを含めるとドーブネスプリットザシーの3頭がいるが、「Danehill」と「馬体重」の条件をクリアできておらず軽視したい。

馬体重については、その他のサンデー系においても同じ傾向にあり、479キロ以下のサンデー系は【1-1-2-15】勝率5.3%、複勝率21.1%と低調であるが、480キロ以上だと【3-0-1-9】勝率23.1%、複勝率30.8%と格段に勝率を上げている。2019年の勝馬サリオスもDanehillを内包し、馬体重も538キロあった。

今年該当するその他のサンデー系は、プルパレイのみ該当。

プルパレイは、前走馬体重が488キロで、母系にDanehillの父Danzigを内包している。父サンデー系のイスラボニータからスピード、母系からパワーを受け継いでいるこの血統が朝日杯フューチュリティSにマッチしており注目したい。

◆【朝日杯フューチュリティステークス2021予想/追い切りジャッジ】ジオグリフを上回る「A」評価 上積み大で「ハマれば突き抜けるシーンも」

【朝日杯FS/追い切りジャッジ】ジオグリフを上回る「A」評価 上積み大で「ハマれば突き抜けるシーンも」

■短距離GI勝利の種牡馬にも注目

Danehillを内包する血統に加え、注目しておきたいのが、自身が芝マイル以下のGIを勝利している種牡馬。ダイワメジャー、Frankel、キンシャサノキセキなどが当レースで活躍を続け、13年連続で馬券内に好走している。

先週の阪神JFで特注馬に挙げた8番人気のラブリイユアアイズ(父ロゴタイプはマイルGI2勝)が2着に好走したように、この傾向は今の阪神の馬場でも継続している。

今年該当する馬は、アルナシームトウシンマカオオタルエバーセッカチケーンセリフォスダノンスコーピオンの6頭。

なかでも、注目はダノンスコーピオン。今回、萩Sからの距離短縮ローテとなるが、牡馬のロードカナロア産駒が阪神芝1800mから芝1600mへの距離短縮の場合、【4-2-4-11】勝率19%、複勝率47.6%、単勝回収値216、複勝回収値98と好成績を残している。2歳戦に限定しても【1-2-0-1】単勝回収値862、複勝回収値210と期待値が高く、このローテはプラスに働くと判断し、一発に期待したい。

▼その他データ傾向
◆【騎手データ】人気馬騎乗のルメールは不振、狙いは「勝率50%」を誇る名手

【朝日杯FS/騎手データ】人気馬騎乗のルメールは不振、狙いは「勝率50%」を誇る名手

◆【枠順】ジオグリフは「連対率0%」の7枠、最多3勝の良枠には人気薄の先行馬が入る

【朝日杯FS/枠順】ジオグリフは「連対率0%」の7枠、最多3勝の良枠には人気薄の先行馬が入る

◆【脚質傾向】押さえるべきは先行と差し、波乱の使者となるのは…

【朝日杯FS/脚質傾向】押さえるべきは先行と差し、波乱の使者となるのは…

◆【前走ローテ】人気の“無敗馬”に連対率0%データ 前走内容の「絶対条件」とは

【朝日杯FS/前走ローテ】人気の“無敗馬”に連対率0%データ 前走内容の「絶対条件」とは

◆【人気傾向】昨年は7番人気が優勝も、注意すべき「1番人気」に共通する好走条件

【朝日杯FS/人気傾向】昨年は7番人気が優勝も、注意すべき「1番人気」に共通する好走条件

朝日杯フューチュリティステークス2021予想コラム一覧

▼その他データ予想
◆【出走馬考察】2歳マイル王の座を目論む有力馬の戦力がまるわかり 実績上位のセリフォスの評価は

◆【データ攻略-前編】有力馬2頭を後押しする「馬券内率60%超」の追い風

◆【データ攻略-後編】変わり身が期待できる前走惜敗馬 当舞台で輝く名手を背にGI獲りへ

▼追い切り予想
◆【S評価】最高評価「S」は進境著しい実績馬 「阪神マイルなら勝ち負け必須」

◆【A評価】ジオグリフを上回る「A」評価 上積み大で「ハマれば突き抜けるシーンも」

◆【A評価】「厩舎流ハード攻め×馬具改善」で上昇気配漂う穴馬に高評価「A」

◆【B評価】2強の一角に「B」の辛口評価 調整順調も「目の前の走りに真面目過ぎる」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズ-前編】セリフォスは「△」評価、無敗馬から選ぶ“軸”の条件

◆【穴馬アナライズ-後編Vol.1】単勝“20倍以上”の伏兵 レース巧者が波乱演出の可能性

◆【穴馬アナライズ-後編Vol.2】前売り“10人気”前後の盲点 この戦績なら「買いの一手」

◆【穴馬アナライズ-後編Vol.3】「ウマ娘」オーナー・ドーブネ 潜在能力の高さで上位争い

◆【危険な人気馬-前編】無敗馬の一角は“消し” 2歳マイル王決定戦で「買うべきではない」1頭とは

◆【危険な人気馬-後編】親子同一GI制覇を目論む、競馬センス抜群の伏兵馬を本命視

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします