【阪神牝馬S2022】過去10年の枠順・騎手データから読み解く狙うべき馬とは

9日に阪神競馬場で開催される第65回・阪神牝馬S(GII、芝1600m)の過去10年データを紹介する。

本競走は1着馬(地方所属馬は2着以内)にヴィクトリアマイルへの優先出走権が与えられる前哨戦。今年も牝馬GI戦線を見据えたメンバーが顔を揃え、昨年の秋華賞で母・アパパネとの母娘制覇を遂げたアカイトリノムスメ、前年の覇者デゼル、ジェンティルドンナの娘ジェラルディーナ、祖母エアグルーヴという名牝系出身のアンドヴァラナウトらが出走する。

ここでは予想のヒントになる「枠順・騎手データ」を分析していく。

◆【阪神牝馬ステークス2022/前走ローテ】動く過去10年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

【阪神牝馬S2022】過去10年の前走ローテから読み解く狙うべき馬とは

◆【阪神牝馬ステークス2022/人気傾向】動く過去10年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

【阪神牝馬S2022】過去10年の人気傾向から読み解く狙うべき馬とは

■枠順傾向・騎手別成績

※グラフが表示されない場合はこちら

最多2勝は5、7、8枠。このうち複勝率30.0%のトップは5枠で、今年はアカイトリノムスメムジカが入った。5枠に入った馬で3番人気までに推された場合、【1-3-0-1】で連対率80.0%とさらに上昇する。

ただし、気になるのはアカイトリノムスメに騎乗する戸崎圭太騎手。過去10年、同騎手は阪神芝1600mの重賞レースで一度しか優勝例がなく、2013年阪神ジュベナイルFのレッドリヴェール以降、8年間、勝ち鞍がない。なお、阪神牝馬Sは2016年にストレイトガールへ騎乗し、3番人気で9着と馬券外に沈んでいる。

一方、阪神芝1600mの重賞レースで最多9勝を挙げているのは、デゼルに騎乗する川田将雅騎手。同条件で3番人気までに支持された時の騎乗成績は【7-3-2-8】と連対率50.0%を誇る。当日、デゼルが3番人気以内なら信頼度は高い。

◆【動画プレーバック/阪神牝馬S2021】外から見事な末脚を披露しクビ差で勝利する1人気のデゼル

桜花賞2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【S評価】渾身仕上げでナミュール超えの「S」評価 「勝ち負けがあっていい」

◆【A評価】サークルオブライフと並ぶ「A」評価は伏兵 「大仕事をやってのける可能性」

◆【A評価】評価は2強の一角に軍配 「確かな成長」で好勝負必至

◆【B評価】ナミュールに不満の「B」評価 「気持ちの面で乗り切れていない」

▼穴馬予想
◆【危険な人気馬】末脚非凡な有力馬は“消し”評価 「別路線組に足元をすくわれる」

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】「0か100」のナミュールか、馬券内率“8割”の2歳女王か

◆【データ攻略-後編】巻き返しの準備は整った、“リピート好走”が後押し

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】人気2騎は「3年連続連対」の8枠 馬券内率0%の“鬼門”に実績馬が入る

◆【血統傾向】ドゥラメンテ産駒に“激走”警報、馬券内率87.5%の「配合×条件」

◆【脚質傾向】人気馬に立ちはだかる“名牝”の壁 好データには「穴候補」がずらり

◆【前走ローテ】前走・チューリップ賞組は5連敗 「中10週以上」の直行組に警戒

◆【人気傾向】サークルオブライフかナミュールか、馬券内率8割を誇るのは「2番人気」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします