【金鯱賞/前走ローテ】主力形成のGIII組に黄信号 馬券内率“8割”超の王道とは

 

230312_金鯱賞_前走レース名改(-5)

12日に中京競馬場で行われる第59回金鯱賞(GII、芝2000m)の過去データを紹介する。

重賞初制覇を狙うプログノーシス、昨夏の小倉記念を圧勝したマリアエレーナ、昨年のラジオNIKKEI賞勝ち馬フェーングロッテン、昨年の大阪杯覇者ポタジェなど重賞の常連に加え、オープン・リステッド競走から挑むヤマニンサルバムディープモンスターなどが出走予定。

ここでは予想のヒントとなる「前走ローテ」を分析していく。対象は3月開催に変更となった2017年以降の過去6年とする。

◆【金鯱賞2023予想/追い切り診断】プログノーシスを上回る「S」の最高評価 「さらに上昇し目下絶好調」

■2年連続優勝の白富士S組

最多3勝は【3.0.2.8】の前走・有馬記念組であり、今年は有馬記念12着のポタジェのみが該当する。昨年5番人気3着のアカイイトは有馬記念7着、2020年1着のサートゥルナーリアは同2着、18年優勝のスワーヴリチャードは4着、17年優勝のヤマカツエースは同4着からの巻き返しだった。直近の重賞・GIで好走歴のある馬が中心であり、昨年の大阪杯優勝を最後に大敗が続くポタジェでは家賃が高いか。

[金鯱賞]過去6年の前走ローテ

有馬記念【3.0.1.8】勝率・連対率25.0%、複勝率33.3%
白富士S【2.0.3.1】勝率・連対率40.0%、複勝率83.3%
日本ダービー【1.0.0.0】勝率・連対率・複勝率100%
凱旋門賞【0.1.1.0】勝率0.0%、連対率50.0%、複勝率100%
小倉大賞典【0.1.0.6】勝率0.0%、連対率・複勝率14.3%
ジャパンC【0.1.0.2】勝率0.0%、連対率・複勝率33.3%
中日新聞杯【0.1.0.2】勝率0.0%、連対率・複勝率50.0%
香港カップ【0.1.0.1】勝率0.0%、連対率・複勝率50.0%
香港ヴァーズ【0.1.0.0】勝率0.0%、連対率・複勝率100%
チャレンジC【0.0.1.3】勝率・連対率0.0%、複勝率25.0%

出走数は少ないものの、複勝率83.3%を誇るのが【2.0.3.1】の前走・白富士S組。昨年もジャックドールが制したほか、2021年は10番人気のギベオンが制覇、3着にも6番人気のポタジェが入るなど、近年は「王道」ローテとなっている。今年は白富士S3着からヤマニンサルバムが出走。前述のギベオンは前走5着からの戴冠であり、本馬も侮れない。

以下、クラス別で見ると海外含む前走・GI組は【4.4.2.14】と好走例は多く、GII組は【0.0.0.17】で馬券内なし、GIII組も【0.2.1.18】とアベレージは低い。中日新聞杯4着のプログノーシス、愛知杯3着のマリアエレーナ、中山金杯3着のフェーングロッテンの前走・GIII組はデータ上、軽視となる。

Advertisement


▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】7枠のフェーングロッテンに“逆風” 単回収値トップ「1270」の好枠に伏兵が入る

◆【脚質傾向】差しは最多5勝も後方一気はNG 好走条件は4角9番手以内

金鯱賞2023予想コラム一覧

▼騎手データ
◆【騎手データ】人気落ちの重賞馬に警戒も 頭は連対率“100%”の人馬

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】重賞未勝利組で“最上位”の「A」評価 「勝ち負けを意識できるデキ」

◆【追い切り診断】プログノーシスを上回る「S」の最高評価 「さらに上昇し目下絶好調」

◆【追い切り診断】前走惜敗の人気一角は高評価 「上限を探るかのような強い攻め」

◆【追い切り診断】上位人気に不満の「B」評価 「良化してきていいはずが…物足りない」

Advertisement


▼データ攻略
◆【データ攻略】重賞馬に驚異の“連対率8割超” 絶好の条件で目論むリベンジ

◆【データ攻略】人気一角に「1.0.3.0」の追い風 展開面含め「軸信頼度は高い」

◆【データ攻略】想定“10人気”前後の兵に“馬券内率7割超” 「持ち時計」を武器に一発狙い

◆【データ攻略】前走2桁着順の馬に“印”は必要 「5.4.1.3」と2つの理由

◆【WIN5】アネモネSは想定”2桁”人気で一発を狙う シメは金鯱賞”一点突破”

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズ】想定“6人気”前後の伏兵 「戦ってきた相手を考えれば当然買い」

◆【危険な人気馬】重賞好走馬は“バッサリ”消し ここが買えない「2つの理由」

▼血統傾向
◆【血統傾向】成長途中の5歳馬に好走の予感 条件合致で「4.0.0.6」の追い風

◆【血統傾向】実績上位が想定オッズ“2桁”の妙味 単回収値「1594」は無視できない

フィリーズレビュー2023予想コラム一覧

◆【穴馬アナライズVol.1】前日“10人気”前後の伏兵 「この条件替わりは一変の気配」

◆【穴馬アナライズVol.2】単勝オッズ“20倍”以上の盲点 「距離短縮で巻き返し可能」

文●SPREAD編集部