Advertisement

【スプリングS/データ攻略】想定“10人気”に出現する「1.2.2.1」 舞台替わりも「距離は克服可能」

【スプリングS/データ攻略】想定“10人気”に出現する「1.2.2.1」 舞台替わりも「距離は克服可能」

今週は中山競馬場でスプリングS(芝1800m)が行われる。過去の勝ち馬にはオルフェーヴルやキタサンブラック、海外GIを制したウインブライトなどがおり、未来のスターホース誕生が期待できる一戦だ。

過去10年のデータ分析から浮かび上がったキーワードをもとに出走馬を分析していく。ここでは「穴馬データ」としてジョウショーホープを取り上げる。

◆【スプリングステークス2023予想/データ攻略】「2.0.1.1」で目論む高配当演出 「ハイペース必至」の展開が追い風に

Advertisement

■中山マイルの好走歴が鍵に

2度使われた重賞はいずれも馬券外。相手関係を考えると評価を上げるのが難しい印象もある1頭だが、以下データをご覧いただければその印象は一変するはずだ。

・前走中山芝1600m勝ち馬【1.2.2.1】

馬券内率は83.8%。中山マイルの淀みない流れを経験することが当レースの好走につながっているとのデータだ。札幌2歳S4着の実績から3歳馬同士かつコーナー4つの中山芝1800mなら距離は克服可能。得意の中山で再度の好走があっても驚けない。

▼その他、データ攻略
◆【データ攻略】伏兵に勝率“100%”条件 重賞完敗も中山コースで再浮上の余地

Advertisement

◆【データ攻略】馬券内率“60%”超で中心視 前走×実績で浮上する「1.2.1.2」

◆【データ攻略】「2.0.1.1」で目論む高配当演出 「ハイペース必至」の展開が追い風に

スプリングステークス2023予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】単勝オッズ“20倍”想定の刺客 「不安材料をすべて相殺」

Advertisement

◆【穴馬アナライズVol.2】想定“8人気”前後の伏兵 「中山千八でこそ買いたい1頭」

阪神大賞典2023予想コラム一覧

▼騎手データ
◆【騎手データ】ボルドグフーシュ・川田に“黄”信号か 条件合致で勝率6割超が堅軸候補

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】ジャスティンパレスを上回る高評価 「充実期で上位争い必至」

◆【追い切り診断】人気一角に不満の「B」評価 「まだ“見えない疲れ”があるのか…」

◆【追い切り診断】ボルドグフーシュを上回る「S」の最高評価 「ほぼメイチ仕上げ」

◆【追い切り診断】高評価「A」の伏兵が一角崩し候補 「より素軽く豪快な動き」

▼データ攻略
◆【WIN5予想】重賞2鞍は「厳選2頭」 “一点突破”は混戦・千葉Sの前走大敗馬

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズ】想定オッズ“2桁”の盲点 「前走完敗が嫌われるならシメシメ」

◆【危険な人気馬】GI好走馬は“消し”評価 「長距離は騎手で買え」

▼血統傾向
◆【血統傾向】3強の一角はコース相性抜群な配合 単回収値「199」に合致でリベンジの予感

◆【血統傾向】想定“8人気”前後に激走の追い風 爆跳ねの単回収値「985」に食指

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】ジャスティンパレスの3枠は勝率“0%” 人気一角は“試練”の8枠に入る

◆【前走ローテ】勝率“100%”条件のボルドグフーシュ 前走大敗馬にも警戒

◆【脚質傾向】馬券内率“100%”を誇る鉄板条件、該当するのはわずか1頭

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「2023スプリングS-注目馬分析編」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家
競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします