Advertisement

【中山記念/データ攻略】馬券内率“85%”の驚異 名馬と共通する「バックボーンとマクリの脚」

 

【中山記念/データ攻略】馬券内率“85%”の驚異 名馬と共通する「バックボーンとマクリの脚」

今週は中山競馬場で中山記念(芝1800m)が行われる。開幕週での施行ゆえ、逃げ先行馬の激走が目立つレース。次走に大舞台を見据えたGI馬が馬券外に敗れるケースも珍しくなく、波乱傾向が強い一戦と言えるだろう。

過去10年のデータ分析から浮かび上がったキーワードをもとに出走馬を分析していく。ここでは「プラスデータ」としてソーヴァリアントを取り上げる。

◆【中山記念2023予想/追い切り診断】ダノンザキッドを上回る「S」の最高評価 「精神、肉体面で充実期」

■中山記念は社台ノーザン系クラブ馬の天下

PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン

前走チャレンジCで同一重賞連覇を達成。確かな実績を積み上げこの舞台に臨むのがソーヴァリアントだ。GI好走馬が出走するここは1番人気の座を譲るかもしれないが、このメンバー相手に通用するのだろうか。参考となる以下データをご覧いただきたい。

・前走2着内の社台ノーザン系クラブ馬【1.2.3.1】

馬券内率は驚異の85.7%。ダービー以来の実戦だったドゥラメンテをはじめ、該当馬の好走率には目を見張るものがある。中山記念は社台ノーザン系クラブ馬の天下だ。

なお、私がこの馬でもっとも評価しているのは「マクリ」の力。未勝利戦に利尻特別、藻岩山特別とすべてマクリつつ4角先頭で押し切った。とりわけ強調すべきなのが利尻特別で、洋芝で計時したラスト3Fは11秒3-10秒9-10秒9。これに匹敵する馬を探してみたところ、ラスト1F11秒台前半すらアドマイヤムーン(GI3勝)ぐらいしかいなかった。開幕週の中山向きの脚質を武器に狙うは重賞連勝だ。

▼その他、データ攻略
◆【データ攻略】重賞ウイナーに勝率“7割”の追い風 軽視禁物の「5.1.0.1」条件で買い

◆【データ攻略】単勝オッズ“2桁”想定は連続好走OK 歴代勝ち馬3頭と同じ臨戦過程

Advertisement


◆【データ攻略】想定“8人気”にジャイキリ警報 条件替わりは「2の2」をもたらす好条件

中山記念2023予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】ダノンザキッドを上回る「S」の最高評価 「精神、肉体面で充実期」

◆【追い切り診断】復活期す実績馬に高評価「A」 「時計平凡も気迫十分な雰囲気」

◆【追い切り診断】ヒシイグアスを上回る高評価は4歳世代 「体調の良さは特筆レベル」

◆【追い切り診断】GI好走実績も辛口「B」評価 「馬が競馬モードに戻り切っていない」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】前日“8人気”前後の刺客 「前走内容で甘く見ると痛い目に遭う」

Advertisement


◆【穴馬アナライズVol.2】想定“10人気”前後の爆穴 「中山千八のここでマークが必要」

◆【穴馬アナライズVol.3】単勝オッズ“2桁”の妙味 「距離短縮+コース替わりで買い」

◆【危険な人気馬】GI好走馬は“消し”評価 「好走→凡走のパターンに該当」

▼騎手データ
◆【騎手データ】条件合致で馬券内率“8割”超 堅軸も「3着固定」が面白い存在

▼血統傾向
◆【血統傾向】単回収値「258」で馬券内率7割 非根幹距離の今回が狙い目

◆【血統傾向】前走大敗の穴馬にリベンジの予感 今なら単回収値「254」で馬券妙味も抜群

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】ダノンザキッドの1枠は単回収値トップ 馬券内“4年連続”の好枠は条件付き

◆【前走ローテ】距離短縮の“GI組”強し 金杯組は「京都より中山」が優勢

◆【脚質傾向】4角4番手以内が10連勝中も、先行馬を脅かす「上がり3F最速」

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「2023中山記念-データ分析編」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家
競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。


PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン