【天皇賞・春/追い切り診断】前走快勝の人気一角は辛口「B」評価 「逆転される可能性」

 

【天皇賞・春/追い切り診断】前走快勝の人気一角は辛口「B」評価 「逆転される可能性」

■ジャスティンパレス

【中間調整】神戸新聞杯を快勝し、重賞を初制覇。続く菊花賞ではレコード決着にハナ+半馬身の3着に入った。前走・阪神大賞典は7着だった有馬記念からプラス16キロという馬体増で臨んでいたが、太くは見えずほとんどが成長分。レースでは好位のインで絶妙に立ち回り、直線で鋭く抜け出して重賞2勝目をゲットしている。

◆【天皇賞春2023予想/追い切り診断】タイトルホルダーを上回る「S」の最高評価 「絶対王者を下すなら」

その後は天皇賞・春を目指し、いったんにノーザンファームしがらきで短期放牧。4月5日に栗東へ戻り、9日に坂路14-14をこなしたのが初時計だった。19日にCW併せ馬には前走時から調整役を任されている高倉騎手が騎乗。3歳1勝クラスを追走し、ややズブさを感じさせながらもこれをねじ伏せるように抜き去り、1馬身の先着を果たしている。

【最終追い切り】強い負荷を掛けた1週前追いが実質の最終追い。レース当週はC.ルメール騎手が意思疎通をより深めるような、終い重点の内容となった。テンションが高く、やや行きたがる面を見せるもしっかりなだめられ直線へ。目標の相手と体が並んだ直線では相手が加速してきたのに対応し、ギアを上げ、最後にもうひと伸びして1馬身の先着。重苦しさはなく、動きにしなやかさがあった。

【見解】大幅馬体増で前走を快勝したように、ここへ来てのパワーアップぶりは間違いないところ。ただし、その分素軽さが若干損なわれた感もある。リフレッシュして臨んだ前走時より、今回のほうがいくぶん硬さがあり、シャープさも前回のほうが良かった。依然好調域ではあるものの、言って上積みは強調しづらい。前走で先着した相手に逆転される可能性は考えておきたい。

総合評価「B」

◆【天皇賞春2023予想/穴馬アナライズVol.1】前日“8人気”前後の伏兵 「前走以上の上昇度で勝負圏内」

▼その他、追い切り診断
◆【追い切り診断】想定“8人気”が重賞馬を上回る高評価 「素質馬が能力全開」

◆【追い切り診断】タイトルホルダーを上回る「S」の最高評価 「絶対王者を下すなら」

Advertisement


◆【追い切り診断】ジャスティンパレスを超える高評価「A」 「昨年以上の調整過程」

天皇賞・春2023予想コラム一覧

▼騎手データ
◆【騎手データ】伏兵に騎乗のベテランは穴候補 条件合致で複勝率100%の2人に注目

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】前日“8人気”前後の伏兵 「前走以上の上昇度で勝負圏内」

◆【穴馬アナライズVol.2】単勝オッズ“2桁”の盲点 「馬場が渋れば人気以上の期待値」

◆【穴馬アナライズVol.3】想定“6人気”前後の妙味 「人気落ちの今こそ買いの判断」

◆【危険な人気馬】菊花賞の好走馬は“消し” 「実績が大いなるネック」

▼データ攻略
◆【データ攻略】“死角の少ない”ハイレベルな4歳馬に「4.0.1.0」 GI制覇への準備は整った

Advertisement


◆【データ攻略】上位人気の4歳馬に「2.1.2.0」 新・京都での“鬼脚炸裂”を警戒

◆【データ攻略】“想定10人気”以下に激走警報 連対率60%の名手で大駆けに期待

◆【データ攻略】人気落ちの実力馬に逆襲の予感 「2.2.0.2」の“経験値”がGI初Vへ導く

◆【WIN5予想】メインとスイートピーSは前走完勝馬で「一点突破」 荒れる京都10Rは”想定2桁”も押さえ高配当狙い

▼血統傾向
◆【血統傾向】前走敗戦から“V字”巻き返しの予感 「6.8.3.18」で信頼の軸候補にプラス要素

◆【血統傾向】馬券内率“6割”超の重賞未勝利馬に注目 多頭数のレースで波乱を巻き起こす

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】タイトルホルダーらの“内枠+先行”は好相性 人気以上に走る「好枠」には……

◆【前走ローテ】ジャスティンパレスが“絶対条件”クリアも、前例なき臨戦過程に刺客

◆【脚質傾向】タイトルホルダーは“逃げ”なら黄信号 前走惨敗の馬に再浮上の余地

◆【人気傾向】歴史的名馬も“ぶっ飛ぶ”鬼門の1人気 3年連続3着の4人気に警戒

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。

【随時更新】中京記念2024 予想コラム一覧/過去10年データ

特集

◆【特集】変則日程で2年ぶりの「小倉開催」 出走予定・枠順、予想オッズ、過去10年データ・傾向

◆【まとめ】芸能人・予想家の「中京記念2024」本命・注目馬予想一覧 函館記念“14人気3着”アウスヴァール指名の猛者現る

◆【まとめ】「中京記念2024」大口投票パトロール セオの複勝に「先行投資」あり “小倉巧者”にも投票続く

◆【高配当メソッド】1強ムードの年は1人気連対ならず 8勝挙げる“6人気以下”の伏兵たちが夏を盛り上げる

穴馬予想

◆【穴ライズ】「ここも人気にならない」前日“8人気”以下 適距離、好相性コース、展開利で再現あり

◆【穴ライズ】惜敗続きから前走激走、更に「条件好転」で急浮上 単勝オッズ“2桁”確定の刺客

◆【穴ライズ】想定“12人気”前後の爆穴 夏の小倉巧者×名手の「メイチ勝負」で一発の可能性

◆【危険な人気馬】充実4歳馬を“消し” GI馬も撃沈多数、「1.0.0.14」が示すハンデの壁

過去10年傾向・データ分析

◆【全頭診断】前走馬券内の伏兵は「0.0.0.7」で“消し”も 穴妙味はローテ魅力の惨敗組

◆【枠順】今開催“複回収値500超”の好枠に穴馬 内優勢も「好走条件クリア」でむしろ評価を上げたい外枠勢は

◆【データ攻略】「3.0.0.0」該当の人気盲点 “もう買うしかない”推し材料に垂涎の眼差し

◆【データ攻略】軸不在の混戦断つ“馬券内率71%”ホース 人気一角には「0.0.0.11」の逆風

◆【前走ローテ】安田記念組に複回値「465」連対率“100%”データ 穴は小倉開催時「1.0.1.1」のGIII組