前田健太ってどんな人? ファンから愛されるメジャーリーガー、「YouTube」「画伯」などの一面も

前田健太ってどんな人? ファンから愛されるメジャーリーガー、「YouTube」「画伯」などの一面も

日本球界では広島東洋カープのエースとして君臨し、メジャーリーグ(MLB)に活躍の場を移した前田健太投手。

メジャーの地でも着実に結果を残し続け、2020年にはツインズに移籍し、ますますの活躍が期待されている。

今回はそんな前田投手の日本球界やメジャーでの活躍を振り返り、ファンから愛される素顔や意外な特技など、前田投手の人間としての魅力についてもたっぷり紹介していく。

日本球界で成績残し大リーグへ

(c)Getty Images

前田投手は名門であるPL学園高で練習を重ね、高校3年時に出場した甲子園ではベスト4に大きく貢献。広島東洋カープドラフト1位で指名を受けて念願のプロ入りを果たした。

プロ1年目は1軍の登板がなかったが、ウエスタン・リーグで優秀投手賞を受賞。これを皮切りに年々進化を遂げていった前田投手は、その後沢村賞ゴールデングラブ賞などあらゆる賞を総なめにし、トップ投手へと成長した。

2015年まで広島のエースとして活躍していた前田投手だったが、その年の12月にポスティングシステムでメジャー移籍を目指すと表明。

ドジャースへの入団が決まると、レギュラーシーズン4年間で47勝を上げ、2017、18年にはワールドシリーズで登板するなど活躍。その後2020年にはツインズへの移籍が決まり、ますますの活躍が期待されている。

先発のこだわり認められず、晴れてトレード

(c)Getty Images

メジャー入りが実現した前田投手だったが、投手生活は必ずしも順風満帆ではなかった。ドジャースでは、先発として通算47勝35敗の安定した成績を残していたが、シーズン後半は救援に配置転換された。

前田投手自身は先発に強いこだわりがあったが、チームのために配置転換を受け入れた。救援でもしっかりと成績を残したが、出来高重視の契約内容だった当時は、配置転換により先発で投げられず、インセンティブをクリアできなかった。彼の活躍と年俸とのギャップはメディアでもたびたび疑問視された。

しかし、ツインズへの移籍に伴い状況は大きく変わった。先発陣の補強を目指していたツインズ側は、かねてから前田投手の獲得を目指していた。先発として評価してもらえたことに前田投手も大きな喜びを感じている。

また、新チームでは「ベテラン枠」に入れられ自己流調整が許されたほか、チームメイトが前田投手に背番号「18」を譲るなど手厚く歓迎され、待遇も改善した。

前田投手自身も「監督、GMもすごく温かく迎えてくれて、すごくうれしい言葉をたくさんもらえたので、僕にとっては前向きな嬉しい出来事。楽しみしかないです」と、新チームでの投球を心待ちにする。

YouTubeでは手作りペーパーで情報発信

(c)Getty Images

前田投手は2020年2月にYouTubeチャンネル「マエケンチャンネル」を開設し、情報発信を積極的に行う投手としても知られている。YouTubeチャンネル開設の一番の目的は「子どもたちの役に立つこと」だ。

メジャーに移籍してからは日本のファンに会う機会や、子どもたちの指導をする機会が減ったことで、自身が培ってきたノウハウや野球のトレンドを共有する機会が必要だと感じ、開設に至った。

アップされている動画には「正しいマエケン体操の方法」や「キャッチボールの方法」など、アスリートとしての情報発信のほかに、「ツインズ移籍の真実」や「日本で対戦してすごいと思ったバッター」などの裏話のようなコンテンツもあり、開設してから1カ月あまりでチャンネル登録者数は14万人を超えている。

動画としての完成度はもちろんだが、「現役で活動している今、言わないと影響力がない」と、現役のメジャーリーガーだからこそ届けられるリアルな思いを重視し、視聴者に届け続けている。

絵が秀逸で「画伯」の異名も

(c)Getty Images

前田投手には広島時代から、自身が描くイラストが秀逸であることから「画伯」という異名がついている。SNSなどにたびたび登場する、独特の「ゆるさ」があるイラストはファンからも人気だ。

「画伯」のキャンバスは紙だけにとどまらない。靴やスマホケースなどにも絵を描く様子がSNSにアップされており、素顔が垣間見える投稿にはファンからの反響も大きい。

また、この絵が話題となり、テレビ朝日系の人気番組「アメトーーク!絵心ない芸人」へのゲスト出演も果たしている。絵心がないキャラクターとして親しまれている前田投手は、番組内でも独特のイラストを披露。

「ラグビーのタックルのシーン」や「卒業証書授与」など、テーマごとに描かれた絵では、出演していた芸人も顔負けの笑いをさらった。

さらに作品のグッズ化が進行していることを自身のツイッターで明かしており、「頑張って描きます」とグッズ用の作品の制作にも意欲を見せている。

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

前田健太

【MLB】大谷翔平、前田健太の3年ぶりの“直接対決”は大谷に軍配 前田も今季最速マーク&今季一の好投で勝利に貢献大谷翔平

【MLB】大谷翔平、前田健太の3年ぶりの“直接対決”は大谷に軍配 前田も今季最速マーク&今季一の好投で勝利に貢献

ドジャースの大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、敵地でのタイガース戦に「1番DH」で先発出場し、4打数2安打だった。 5回には中継ぎの前田健太投手から内野安打をマーク。3年ぶりの直接対決は大谷に軍配が上がった。 ◆【…

【MLB】古巣相手に9失点と大乱調の前田健太 指揮官が贈った“金言”とは……「コントロールに始まりコントロールに終わる」ニュース/コラム

【MLB】古巣相手に9失点と大乱調の前田健太 指揮官が贈った“金言”とは……「コントロールに始まりコントロールに終わる」

タイガースの前田健太投手は4日(日本時間5日)、敵地でのツインズ戦に先発登板。古巣相手に3回2/3を投げて9安打9失点と打ち込まれ、5敗目(2勝)を喫した。防御率は6.71とさらに悪化。試合は3-12と大敗した。 ◆「伸…

【MLB】球団史上最短……前田健太、わずか2球で緊急降板 右脇腹を痛めたか ヒンチ監督は擁護「偶然のケガで謝る必要はない」ニュース/コラム

【MLB】球団史上最短……前田健太、わずか2球で緊急降板 右脇腹を痛めたか ヒンチ監督は擁護「偶然のケガで謝る必要はない」

タイガースの前田健太投手が5日(日本時間6日)、敵地のレンジャーズ戦に先発登板。しかし、1回先頭のマーカス・セミエン内野手に2球投げただけで交代。メジャー通算200試合目の登板は思わぬ形で終わった。前田は今季ここまで2勝…

【MLB】“グリーンモンスター弾”を浴びて2敗目の前田健太 宝刀スライダーを痛打され「狙ったところに投げていれば……」とガックリニュース/コラム

【MLB】“グリーンモンスター弾”を浴びて2敗目の前田健太 宝刀スライダーを痛打され「狙ったところに投げていれば……」とガックリ

タイガースの前田健太投手が5月31日(日本時間6月1日)、敵地フェンウェイパークでのレッドソックス戦に先発登板。4回2/3を投げて8安打5失点で、今季2敗目(2勝)を喫した。防御率は6.25。試合は7-3でレッドソックス…

【MLB】「彼は狡猾で創造的」復帰登板の前田健太、5回無失点で今季2勝目 “的を絞らせない”投球スタイルを指揮官称賛ニュース/コラム

【MLB】「彼は狡猾で創造的」復帰登板の前田健太、5回無失点で今季2勝目 “的を絞らせない”投球スタイルを指揮官称賛

タイガースの前田健太投手が24日(日本時間25日)、本拠地でのブルージェイズ戦に先発登板し、今季2勝目(1敗)を挙げた。5回4安打無失点、無四球1奪三振でまとめ、防御率は5.80となった。前田はウイルス性の疾病で負傷者リ…

【MLB】今永昇太&山本由伸の“新人コンビ”が好発進 昨年12勝の千賀滉大は登板なし、米で奮闘する先発投手の現在地ニュース

【MLB】今永昇太&山本由伸の“新人コンビ”が好発進 昨年12勝の千賀滉大は登板なし、米で奮闘する先発投手の現在地

MLBの2024年シーズンも5月半ばを迎え、各地で熱戦が繰り広げられる。そのなかで日本の先発投手陣の奮闘が目立っている。 ◆今永昇太がトップに立ち、山本由伸が3位で追う 日本投手2人がナ・リーグ新人王争いをリード 米メデ…

【MLB】タイガース前田健太、古巣相手に4回無失点7Kの快投 地元紙「エリート級の変化球を披露した」と称賛 指揮官も太鼓判「心配なし」ニュース

【MLB】タイガース前田健太、古巣相手に4回無失点7Kの快投 地元紙「エリート級の変化球を披露した」と称賛 指揮官も太鼓判「心配なし」

タイガースの前田健太投手が12日(日本時間13日)、米フロリダ州レイクランドで行われたツインズとのオープン戦に先発登板。昨季まで4年間在籍した古巣を相手に4回1安打無失点7奪三振という快投を見せ、オープン戦初勝利をマーク…

【MLB】前田健太、オープン戦2度目のマウンドで確かな手応え 米地元紙は「球数は増えたが球速は上がらず」とやや辛口ニュース

【MLB】前田健太、オープン戦2度目のマウンドで確かな手応え 米地元紙は「球数は増えたが球速は上がらず」とやや辛口

タイガースの前田健太投手は7日(日本時間8日)米フロリダ州レイクランドで行われたブルージェイズとのオープン戦に先発登板。3回4安打2失点、2四球1奪三振という内容だった。試合は5-4でブルージェイズが勝利し、前田は敗戦投…

【MLB】前田健太“大きく動く”新兵器スイーパーに手応え 地元メディアも「フィリーズ打線を圧倒した」と称賛ニュース

【MLB】前田健太“大きく動く”新兵器スイーパーに手応え 地元メディアも「フィリーズ打線を圧倒した」と称賛

タイガースは1日(日本時間2日)、米フロリダ州レイクランドでフィリーズとのオープン戦に臨み、前田健太投手がオープン戦初登板。先発としてマウンドに立ち、2回を2安打1失点(自責点0)、2三振1死球という内容だった。勝敗は付…

【MLB】「右肘の不安なし」メジャー9年目の前田健太、完全復活へ 「タイガースは優勝できるチャンスがある」と自信ニュース

【MLB】「右肘の不安なし」メジャー9年目の前田健太、完全復活へ 「タイガースは優勝できるチャンスがある」と自信

タイガースの前田健太投手は米フロリダ州レイクランドでキャンプイン。2日目となる15日(日本時間16日)には早速ブルペン入りし、変化球も交えて30球ほど投じた。ツインズ時代の2021年に手術した右肘について「不安はない」と…

【MLB】山本由伸、田中将大ら歴代沢村賞投手上回れるか 最高右腕に求められる16勝と“パイオニア超え”の防御率コラム

【MLB】山本由伸、田中将大ら歴代沢村賞投手上回れるか 最高右腕に求められる16勝と“パイオニア超え”の防御率

オリックスからポスティングシステムでドジャース入りした山本由伸投手が9日(日本時間10日)、アリゾナ州グレンデールでキャンプイン。早速ブルペンに入り、メジャー1年目をスタートさせた。 ◆【実際の投稿】「豪華2ショット」山…

【MLB】大谷翔平が契約合意の名門ドジャース “先駆者”野茂英雄がトルネードでメジャー席巻、黒田博樹、前田健太らも活躍ニュース

【MLB】大谷翔平が契約合意の名門ドジャース “先駆者”野茂英雄がトルネードでメジャー席巻、黒田博樹、前田健太らも活躍

今オフにロサンゼルス・エンゼルスからフリーエージェント(FA)となり、去就が注目されていた大谷翔平投手。9日(日本時間10日)自身のインスタグラムでロサンゼルス・ドジャースへの移籍を発表した。 ◆大谷翔平、ド軍加入で23…

【MLB】山本由伸の陰で今永昇太の注目度が急上昇「ドジャースファンにも気になる名前」「先発3番手」と米メディア高評価ニュース

【MLB】山本由伸の陰で今永昇太の注目度が急上昇「ドジャースファンにも気になる名前」「先発3番手」と米メディア高評価

オリックス・バファローズからポスティングシステムを利用してメジャー移籍を目指す山本由伸の人気が止まらない。 ニューヨークの2球団(ヤンキース、メッツ)が獲得に乗り出すことは既定路線として報じられているが、ここにロサンゼル…

ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平ニュース

【MLB】「ほかに誰かいる?」大谷翔平がFA選手1位 「打者として弱点がなくなった」と米メディア 山本由伸、今永昇太らもランクイン

2日(日本時間3日)にFA選手が公示され、大谷翔平(ロサンゼルス・エンゼルス)を含めて130人がFAとなった。移籍市場の始動に合わせて、米メディアによる関連報道も熱気を帯びてきた。『The Athletic』は「FA選手…

【MLB】大谷翔平に負けず劣らず、前田健太も引く手あまたか 後半戦の活躍で「高額オファーが届く可能性がある」と米メディアニュース

【MLB】大谷翔平に負けず劣らず、前田健太も引く手あまたか 後半戦の活躍で「高額オファーが届く可能性がある」と米メディア

大谷翔平(ロサンゼルス・エンゼルス)と同じく、今オフに前田健太(ミネソタ・ツインズ)もフリーエージェント(FA)となる。2015年にポスティングシステムを利用し、メジャーへ移籍。今季で8年契約を終え、新天地を目指すことに…

【MLB】「藤浪晋太郎はプレーオフを勝ち抜く原動力にならなかった」オリオールズGMが夏のトレードを後悔か オフのFAでチームを去る可能性高まる ニュース

【MLB】「藤浪晋太郎はプレーオフを勝ち抜く原動力にならなかった」オリオールズGMが夏のトレードを後悔か オフのFAでチームを去る可能性高まる 

11日(日本時間12日)、プレーオフ地区シリーズで前田健太が所属するミネソタ・ツインズがヒューストン・アストロズに2-3で敗戦。1勝3敗となり、敗退が決定した。ポストシーズンに進出していたトロント・ブルージェイズ菊池雄星…

【MLB】ツインズの“近未来”頭脳プレーに驚愕…「遊撃手→捕手→ピッチコム経由で投手へ」サイン送り2塁牽制死ニュース

【MLB】ツインズの“近未来”頭脳プレーに驚愕…「遊撃手→捕手→ピッチコム経由で投手へ」サイン送り2塁牽制死

4日(日本時間5日)に行われた、ミネソタ・ツインズとトロント・ブルージェイズのア・リーグワイルドカードゲーム第2戦で衝撃のプレーが飛び出した。 試合後にツインズ遊撃手のカルロス・コレアらが、5回表に成功させた「牽制死」の…

【MLB】菊池雄星のリリーフ登板が物議…ブルージェイズの敗退招いた采配に批判集中「監督解任の声が上がるのは間違いない」ニュース

【MLB】菊池雄星のリリーフ登板が物議…ブルージェイズの敗退招いた采配に批判集中「監督解任の声が上がるのは間違いない」

ミネソタ・ツインズとトロント・ブルージェイズによるア・リーグ・ワイルドカードシリーズ第2戦が4日(日本時間5日)、ツインズの本拠地ターゲットフィールドで行われた。 試合は2-0でツインズが勝利し、2連勝。7日(同8日)か…

【MLB】「来季投げられなくても」大谷翔平がFA先発投手ランキングでトップ「争奪戦は今オフのNo.1ストーリーになる」と米メディア予測ニュース

【MLB】「来季投げられなくても」大谷翔平がFA先発投手ランキングでトップ「争奪戦は今オフのNo.1ストーリーになる」と米メディア予測

右脇腹を痛めているロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平は13日(日本時間14日)、敵地でのシアトル・マリナーズ戦に出場せず、これで10試合連続での欠場となった。 右肘じん帯の損傷も発覚しており、来季マウンドに上がる可能性は…

【MLB】2勝目の前田健太、「投球フォーム見直し」が復活のカギ 指揮官も「外科手術のように打ち取る」と精密ぶり称賛ニュース

【MLB】2勝目の前田健太、「投球フォーム見直し」が復活のカギ 指揮官も「外科手術のように打ち取る」と精密ぶり称賛

ミネソタ・ツインズの前田健太が4日(日本時間5日)、本拠地でのカンザスシティ・ロイヤルズ戦に先発登板。7回を投げて3安打2失点9奪三振と好投し、今季2勝目を挙げた。チームは9-3で勝利し、ア・リーグ中地区で首位をキープし…

【MLB】591日ぶり登板の前田健太、サイ・ヤング賞アルカンタラと互角の投げ合いに公式サイトも「彼はさびついていない」と大絶賛ニュース

【MLB】591日ぶり登板の前田健太、サイ・ヤング賞アルカンタラと互角の投げ合いに公式サイトも「彼はさびついていない」と大絶賛

ミネソタ・ツインズの前田健太が4日(日本時間5日)、敵地ローンデポパークでのマイアミ・マーリンズ戦に先発登板。右肘のじん帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)からの復帰で、591日ぶりとなる公式戦のマウンドだった。6回途中…

【MLB】ダルビッシュ有、菊池雄星、前田健太、日本人3投手がそろって今季初先発へ ピッチクロック対策も万全 ニュース

【MLB】ダルビッシュ有、菊池雄星、前田健太、日本人3投手がそろって今季初先発へ ピッチクロック対策も万全 

大谷翔平、千賀滉大、藤浪晋太郎と、開幕から日本人投手の話題が連日報じられる今季のMLBは4日(日本時間5日)、ダルビッシュ有、菊池雄星、前田健太の3投手がそろって先発する注目の一日になる。 ◆ダルビッシュ有、初のW世界一…

【MLB】トミー・ジョン手術から復活期す前田健太「緊張し過ぎて初球からぶつけるかも」 肘の状態に自信、舌も滑らかニュース

【MLB】トミー・ジョン手術から復活期す前田健太「緊張し過ぎて初球からぶつけるかも」 肘の状態に自信、舌も滑らか

2021年9月に右肘のトミー・ジョン手術を受け、昨季全休となったミネソタ・ツインズの前田健太が28日(日本時間29日)、本拠地ミネアポリスで開催されたファンフェスタに参加した。 地元メディアなどによると、肘の状態は問題な…

【MLB】藤浪晋太郎、同級生2人にライバル心「大谷翔平、鈴木誠也と対戦したい」アスレチックス入団会見で抱負ニュース

【MLB】藤浪晋太郎、同級生2人にライバル心「大谷翔平、鈴木誠也と対戦したい」アスレチックス入団会見で抱負

阪神からポスティングシステムを利用し、オークランド・アスレチックスと1年契約を結んだ藤浪晋太郎が17日(日本時間18日)、本拠地オークランド・コロシアム内の球団事務所で記者会見を行った。日米メディアが会見の様子を伝えてい…