グレイグ・レイドローってどんな選手?『日本キラー』と呼ばれるスコットランドの主将

熱戦が続く『ラグビーワールドカップ2019日本大会(W杯)』。

日本代表はプール初戦のロシア戦に30-10で勝利すると、第2戦では当時世界ランキング2位(2019年10月13日時点では4位)の強豪アイルランド戦にも19-12で勝利。先日(10月5日)行われた第3戦サモア戦では38-19で勝利し、見事3連勝。

史上初のベスト8進出に向け、鍵を握るスコットランド戦。中でも高き壁となるのがグレイグ・レイドロー選手だ。前回大会で唯一日本代表を破ったスコットランド代表の主将であり、スクラムハーフ(SH)のポジションで活躍する。

そんなレイドロー選手のプレースタイルや実績はいかなるモノなのか。その経歴や素顔に迫っていく。 

2015年のW杯日本戦で大活躍 「日本キラー」の異名

(c)Getty Images

レイドロー選手は過去に出場した4度の日本戦全てで勝利に貢献しており、『日本キラー』の異名で知られている。

中でも2015年のW杯での対戦では主将を務め、4コンバージョン(G)、4ペナルティゴール(PG)の20得点を決めて日本を圧倒した。

身長176cm、体重80kgと小柄ながら、 そのプレーは献身的かつスマート。高い得点力だけでなく、冷静な戦術眼と強気なゲームコントロール力も併せ持っている。的確なパスを回しはもちろん、時には相手の裏のスペースにボールを落とすキックも繰り出せる。

叔父も元スコットランド代表 2018年には怪我を乗り越え復活

(c)Getty Images

レイドロー選手の叔父であるロイ・レイドローさんも、1980年代にスコットランド代表として活躍した元ラグビー選手だ。その影響もあり、レイドロー選手自身も幼い頃からラグビーを始めている。当時憧れていた選手は、元オーストラリア代表のジョージ・グレーガンさん。

スコットランド代表には育成年代から選ばれ続けており、自身のレベルアップを求めて海外にも進出し、イングランドやフランスの海外クラブでも活躍した

そして2015年からはスコットランド代表の主将に。同年のW杯ではチームのベスト8進出に大きく貢献した。

(c)Getty Images

2017年には、所属クラブで右足首や腓骨を骨折して長期離脱。2018年に復帰してからは再び主将に就任している。

コート外では2児のパパ

コート外でのレイドロー選手は2人の息子を持つ父親。自身のインスタグラムには家族での写真も投稿されている。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Happy birthday @rachel_laidlaw85 thanks to @maison.du.sucre for the cake!

Greig Laidlawさん(@g.laidlaw)がシェアした投稿 –

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Team laidlaw happy with the result yesterday!

Greig Laidlawさん(@g.laidlaw)がシェアした投稿 –

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Joyeux Noël à tous ! merry Christmas everyone ! 😀

Greig Laidlawさん(@g.laidlaw)がシェアした投稿 –

ゴルフを楽しみ、綺麗なスイングも披露

ゴルフも楽しんでおり、自身のインスタグラムではプレーしている様子も投稿されている。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

First time for floodlit golf in Oman today! #teamredsky

Greig Laidlawさん(@g.laidlaw)がシェアした投稿 –

時には動画でスイングも披露。ファンからは「ベリーグッドショット」「グレートアイアン」とコメントが寄せられている。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Great day back home out on the course @therenaissanceclub in great condition, cheers @jordanrwhyte

Greig Laidlawさん(@g.laidlaw)がシェアした投稿 –

日本代表は過去スコットランド代表に対して、1勝9敗と大きく負け越しており、レイドロー選手が出場した4試合では前述の通り1度も勝てていない

5度目の対戦となる『ラグビーW杯2019 1次リーグ プールA 日本代表対スコットランド代表』は10月13日に行われる予定だ。日本代表が雪辱を晴らすか。はたまたレイドロー選手が再び大活躍を見せるか。

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

ラグビーW杯

オフショット

デクラークが“パンツ一丁”になったシーンを語る 「普段からできるだけ早く脱ぐようにしています」

『ラグビーワールドカップ2019日本大会(W杯)』で優勝した南アフリカ代表。多くの印象的なシーンを残したが、最後に強いインパクトをファンに与えたのは、ファフ・デクラーク選手のパンツ一丁姿だったのではないだろうか。 優勝チ…

ニュース

南アフリカ代表が凱旋 空港を埋め尽くすファンに迎えられる シヤ・コリシ主将を称える「シヤ」コールも

『ラグビーワールドカップ2019日本大会(W杯)』で3度目の優勝を果たした南アフリカ代表。勝者の証であるウェブ・エリス・カップを持って凱旋帰国した。 空港に到着したシヤ・コリシ主将やラシー・エラスムスHC(ヘッドコーチ)…

ニュース

ローリー・ベストが代表引退 アイルランドの歴史を作った偉大なキャプテン 最終戦後は子供たちとピッチへ

ラグビーアイルランド代表で長きに渡り主将を務めてきたローリー・ベスト選手が代表を引退した。 最後の相手は『ラグビーワールドカップ2019日本大会(W杯)』準々決勝でのニュージーランド代表(オールブラックス)。直近3試合で…

ニュース

ヴィンピー・ファンデルヴァルト「すべてのサポートに感謝」 日本代表として戦った出身国・南アフリカとの一戦

『ラグビーワールドカップ2019日本大会(W杯)』準々決勝で、日本は南アフリカに3-26で敗れた。南半球の強豪に阻まれ史上初のベスト4進出はならなかった。 この試合に出場した日本代表のヴィンピー・ファンデルヴァルト選手は…

ニュース

山中亮平、特別な日に迎える南アフリカ戦 ラグビー人生を救った恩人・平尾誠二さんの命日に「いい試合をしたい」

ラグビーW杯、準々決勝の日本対南アフリカ戦が行われる10月20日は、かつて日本代表や神戸製鋼などで活躍した『ミスター・ラグビー』こと平尾誠二さんの命日。 神戸製鋼の後輩に当たる山中亮平選手は18日、南アフリカ戦前の会見に…

オフショット

北出卓也考案の「北出丼」 続けて「山中そば」「亮土チキン」がラグビー日本代表に登場?

ラグビー日本代表で流行中のオリジナルメニュー『北出丼』。ごはんに高菜、めんたいこ、しらす、ネギをかけ、最後に卵とごま油を添えて食べるというメニューだ。 考案者はフッカーの北出卓也選手。この食べ方を見た他の選手たちも真似を…

ニュース

南アフリカ代表 ルカニョ・アムが準々決勝へ意気込み 「日本がいかに成長してきたかを、僕らは目の当たりにした」

ラグビー日本代表は史上初のW杯ベスト4入りをかけ、10月20日に南アフリカ代表との準々決勝を戦う。 4年前のW杯では日本が南アフリカから大金星を挙げ『ブライトンの奇跡』と讃えられた。2大会連続の勝利で日本が準決勝へ駒を進…

オフショット

リーチ・マイケル、スコットランド代表ジェイミー・リッチーに模擬刀を贈る 「試合が終わればリスペクトしかない」

『ラグビーワールドカップ2019日本大会(W杯)』予選プールA最終節、日本はスコットランドに28-21で勝利し、史上初の大会ベスト8進出を4戦全勝で決めた。 試合後には日本代表主将のリーチ・マイケル選手から、スコットラン…

オフショット

カナダ代表 ジョシュ・ラーセン、試合後に相手ロッカーを訪問し危険なプレーを謝罪 南アフリカも粋な対応で返す

ラグビーワールドカップ(W杯)でまたひとつ印象的なシーンが生まれた。10月8日に行われた南アフリカ対カナダ戦後、カナダのジョシュ・ラーセン選手が南アフリカのロッカールームを訪れ、レッドカードになった危険なタックルを謝罪し…

オフショット

山中亮平、サモア代表ナナイウィリアムズと5年後にW杯の舞台で再会 「同じポジションで試合するなんて」

『ラグビーワールドカップ2019日本大会(W杯)』で日本代表が3連勝を達成した夜、同代表の山中亮平選手には懐かしい人との再会があったようだ。 山中選手はインスタグラムを更新し、この日対戦したサモア代表のティム・ナナイウィ…

オフショット

アンガス・タアヴァオ、記者会見中のハプニングを笑いに変える 機転を利かせた行動に称賛

ラグビーニュージーランド代表のアンガス・タアヴァオ選手が記者会見で見せた機転とユーモアに、ファンから「こういう方をナイスガイって言うと思う」「神対応なオールブラックス」「ハプニング対応も世界一」と称賛の声が集まっている。…